LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2018年2月4日日曜日

STAFF RECOMMEND ITEM vol.10












こんばんは。








OVIE STUDIO STAFF の東端です。









全国的にかなり寒い日が続き、
インフルエンザの大流行などのニュースを多く目にしますが、
皆様は、健康にお過ごしでしょうか?














今回のBlogも、STAFF RECOMMEND ITEMです。



遂に、vol.10です。








【 YANTOR / Turtle Knit One Piece 】




がっつりとしたドロップショルダーで着用する人によって
シルエットが変わるYANTORならではのニットワンピース。

男性がロングニットとして着用するのも可能なユニセックスアイテム。

直線的なフォルムで綺麗な落ち感が特徴。

3種の編みを使用しており、一見しただけでデザイナーの拘りを感じる一着。
長めに設定した袖は少したまりを作ると綺麗な生地のウェーブができるのでオススメ。

糸は直接肌に当たってもストレスのないほど柔らかいものを使用し、
糸自体にコーピル加工というピリングが出来にくい加工を施しています。


FREEサイズで男女ともに着用可能です。
小柄な女性から大柄な男性まで全ての方へ。







店頭には、以下の3色がございます。







orange







smoke gray








dark wine








それでは、各色のスタイルを紹介させていただきます。



1. orange



model:168cm


1枚でさらりと着用したワンピースのスタイルです。

3種の編みを採用することで、凹凸が生まれ、
影がデザインのように浮かび上がります。

ドロップショルダーが生み出す自分だけに合う縦のシルエットを
よく感じていただけるスタイルです。





model:163cm


ロングニットとして着用したスタイルです。

深めのスリットとポケットが施されている為、
トップスとして、男女ともにオススメです。

色味を抑えたベージュ系やグレー系のパンツで合わせると、
画像のようなニットの色味が活きたスタイルになります。










model:173cm

長い着丈を活かしたレイヤードスタイルです。

袖や裾から覗かせる発色の良いニットのオレンジが
黒などの落ち着いたスタイルのアクセントになります。

ドロップショルダーなので、どのようなアウターでも
合わせることができますので、お手持ちのアウターで
お試しいただきたいスタイルです。






2. smoke gray



model:155cm


煙がかったようなグレーの落ち着いた大人らしい印象を
最も感じていただけるワンピースのスタイルです。

編みによる色の表情を最も感じていただけるカラーだと思います。

シルバーやゴールドの小物類との相性が良いので、
アクセサリーがお好きな方にもオススメです。







model:180cm

長い着丈を活かしたレイヤードスタイルです。

画像のように、
落ち着いた色味のセットアップに合わせると、
柔らかく優しい印象が加わります。

スリットが入っているので、パンツのポケットも
しっかりと使うことができます。






3. dark wine



model:155cm

深みのあるワインの色味のワンピースのスタイルは、
1枚で落ち着きのある女性を印象づけます。

袖を上げて溜まりを作ることで、縦のシルエットに変化が生まれ、
どこか可愛らしい雰囲気を醸します。

多くの色味との相性が良いので、黒髪から金髪まで、
様々な方にお試しいただきたい1着です。









model:165cm

ロングコートと引けをとらないほどの着丈のため、
縦に落ちるような独特のバランスで着用いただけます。

スタイルを引き締めるカラーとなっていますので、
ベージュなどの柔らかい色味との相性が良いかと思います。












いかがでしたでしょうか。




オンラインショップには、他のスタイルも挙がっておりますので


よろしければそちらも御覧ください。

















先日の大寒波、皆さんのところはいかがでしたか?



名古屋でも珍しく雪が降っていて、
この歳になって大はしゃぎしました。



雪だと交通規制など色々困りますけど、
非日常って、なんだか楽しいですよね。



台風の予報を見て、
不謹慎だなと思いながらもワクワクしてた
小学生のときのあの感覚。


このブログを書いていて、子供のころを思い出して、
恥ずかしくも切なく、楽しい気持ちになりました。



昔話を聞きたい(話したい)方がもしいらっしゃいましたら、
お店にいらしたときにでも、お話ししましょう。











おやすみなさい。





OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】
BISHOOL





2018年1月26日金曜日

YANTORとの4周年アイテム(Bi-color kesa coat)







昨日、YANTORから別注アイテムが到着しました。


今回は2/22にOVIE STUDIOが周年を迎えることもあって、「特別なモノを」という考えのもとYANTORデザイナーと打ち合わせを重ねました。


様々な案が出た中で、「これだ!」となったアイテム。


それは2015年に展開された初のkesa coat



現在ではYANTORを語る上で欠かせないアイコニックピースとなっているkesa coat。


仏教の僧侶が身につける「袈裟(ケサ)」をヤントルらしい解釈で今世のコートとして表現したアイテムです。


初めて展開されたのは2015年でした。



こちらがkesa coatを着用した2015AW LOOK。




当時からYANTORを知ってくださっている方にとっては衝撃だったのではないでしょうか。


正に「他には無い服」


当時の生産数は僕の知る限りでは非常に少量。
10~15着程でした。


そのため、即完売、再入荷不可といった状況。


1年、2年と経過した後でも再入荷のお問い合わせを頂いておりました。


当時は今回の別注企画を予定していなかったため、「ありません」と答えてしまっておりました。
申し訳ございません。。





2015AW展示会時の写真。


着用モデルはスタッフすみか。

確か、初めての展示会同行の日でした。

だからなのか僕個人として、こちらのkesa coatには強い思い入れがあります。





初期のkesa coatの最大の特徴は「Bi-color」であるということ。

このシーズンに展開されたのみで、その後1度も制作されておりません。











YANTORデザイナーのお二人は非常にモノづくりへの拘りが強く、

「人気だからという理由で同じモノを何度も制作しない」

といったことをよくお話しされています。




僕たちセレクトショップとって、「人気なアイテム」が展開されることは嬉しいことです。

お客様も喜んで頂ける方が多いかと思います。


その反面、僕にとってはYANTORデザイナーの「作らない」というスタンスも同レベルで嬉しいことなんです。


「あぁ、こういう人たちが死ぬまで服を作り続けるんだろうな」と思わされるお2人。


そんなお2人だからこそ、今回は「ただの復刻」ではありません。


当時のkesa coatには付けられていなかったボタンが付けられたり、パターンの若干の修正が施されています。


当時の見た目をそのままに、利便性や着心地をアップグレードしたkesa coatです。













model:kimi
height:172cm
size:FREE


こちらが今回入荷したOVIE STUDIO limitedのkesa coat。

今回も生産数は限られておりますが、2015AWのkesa coatを探されていた方と、こちらのブログをご覧頂いて知った方にはしっかりと届けられる着数かと思います。






風になびいたり、はらんだり、YANTORの衣服の特徴である

「衣と身体の関係性」や「着用して重力がかかることで完成する」感覚を実感して頂けます。




ボタンが付けられたことによってさらっと羽織るという感覚に加えて、コートとしての実用性も高められています。






YANTORと共に制作した力作です。


是非、袖を通しにいらしてくださいませ。






おやすみなさい。













OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】
BISHOOL













2018年1月25日木曜日

BUYER'S PICK UP!vol.10(Edwina Horl/original cashmere beaver)








こんにちは。


昨日、名古屋では初めて雪が積もりました。


ここ数年、毎年変わらずこの時期に雪が積もります。


0度を下回る日もチラホラ。


そのような季節に、オススメのパンツを2本紹介させて頂きます。






Edwina Horl
¥39,000+tax 




Edwina Horl(エドウィナホール)は毎シーズン、3~4種のオリジナル生地を制作しています。


「オリジナル生地」を制作するというのはそもそもどうゆう事なのか。


言葉の通り、オリジナルで生地を制作する事なのですが、それが中々に難易度が高いことのようです。


オリジナルで制作する以上、

①値段
②注文量

この2つのハードルが非常に厳しい。


ある程度の注文量がなければ、値段が高くなりすぎてしまう。


その注文量が数メートルの話では無く、数100メートルのお話。



加えて、

③時間
④知識量

このような点も必要になります。



普通に完成品の生地を買うならば、その時々でいいことが、「制作」する場合はその
時間が必要です。


そして、生地を制作するための糸や配列を考えなければいけないので「知識」がなければ話になりません。



①値段
②注文量
③時間
④知識量


を満たすブランド/デザイナーでしか「オリジナル生地」を制作することは不可能。



OVIE STUDIOに並ぶブランドのほとんどが今ではオリジナル生地を制作しております。

OVIE STUDIO オープン当初はオリジナル生地の無かったブランドが今ではオリジナル生地を制作できている。
そこに少しでもお力添え出来ていることが嬉しいです。




それほどブランド/デザイナーが重きをおく「オリジナル生地」ですから、僕たちバイヤーは毎シーズンそれを楽しみにしています。






今回のEdwina Horlの

「original cashmere beaver」


展示会時に見て、一目惚れをしました。

そのタッチと、絶妙な色味に。

歴代のEdwina Horlオリジナル生地の中でもクオリティの高さを感じさせられるもの。



写真からも伝わるかと思います。

その生地を、Edwina Horlが定番で展開する紐パンツにはめ込んでいるのも有難い。

完成されたパンツに、そのシーズンの力作生地の組み合わせ。


こういったアイテムに出会えるのはバイヤーの楽しみの一つでもあります。






さらっとデニム生地に合わせるも良し、


ESSAY

¥38,000+tax





独特なカラーのニットとの相性も◎


Edwina Horl

¥32,500+tax





こちらの定番紐パンツはsize:Mのみのストックです。

その他サイズはOVIE STUDIO、ブランドアトリエ共に完売しております。

size::Mは女性がオーバーに、
160~170前半の男性がゆったりと、
170後半~180cm台の方が程よくゆったり着用頂けるサイズ感です。









お次は上と同様に

「original cashmere beaver」

を使用した別型のパンツ。



Edwina Horl
¥39,000+tax 



こちらはテーパードをかけることなく裾までストレートに落とした極太シルエット。

同じ生地を使用していながら全くシルエットが異なるモノづくり。

流石の一言。






左右には大きめのパッチポケット。

カシミアウールという上品な生地に対して、ミリタリーなテイストが加えられています。













エドウィナホールらしいゆったりしたニットが合うのはもちろん、


Edwina Horl

¥23,500+tax







ミニマルなノーカラーシャツや、


YANTOR

¥29,000+tax






ストリートな雰囲気にも馴染み、


ETHOSENS

¥54,000+tax




古着テイストのデニムとの相性も素晴らしい。


ESSAY

¥27,000+tax



こちらのストレートワイドパンツはsize:M 1点のみのストックです。

その他サイズはOVIE STUDIO、ブランドアトリエ共に完売しております。

size::Mは160~170前半の男性がオーバーに、
170後半~180cm台の方がゆったり着用頂けるサイズ感です。






Edwina HoerlというYohji Yamamotoでの経験を持ち、
長く服作りに携わる知識有るデザイナーが、
お客様の求めるプライスで提供できるような数量を制作することが可能となり、
展開される1年前から仕込んだ力作生地。



是非、お試しくださいませ。














おやすみなさい。













OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】
BISHOOL

























2018年1月21日日曜日

STAFF RECOMMEND ITEM vol.9



こんばんは。


そして、あけましておめでとうございます。


OVIE STUDIO STAFFの東端です。



2018年が始まりましたね。
(もう20日経ちますが…)




僕の2018年の初めてのブログ更新は、
STAFF RECOMMEND ITEM となります。



今回でvol.9。


温かい珈琲など片手に読んでいただければ幸いです。




過去のブログはこちら




今回、紹介させていただくのはこちら。







切りっぱなしのデザインが特徴のゆったりスウェット。

アームが細まることなく、袖先までワイドに落とすことで
ボリュームが生まれているMy Beautiful Landletらしい1着。

袖をロールアップして、よりボリュームを出すスタイルも◎


ドロップショルダーデザインのため、フリーサイズ感覚で
男女問わずゆったりと着用いただけます。



素材:コットン100%









シンプルだからこそ、身幅の広さやカットオフによる
ラフな雰囲気を より感じていただけます。


ストリートやアメカジのファッションがお好きな方は、
写真のように、カーキの色味のパンツと合わせて、
袖をロールアップさせるとラフな雰囲気が増すのでお薦めです。


インナーにも使いやすい万能な1着となっております。



















背面にベルベットテープが施されたカットオフスウェット。
こちらはグリーンのボディにホワイトのテープのバージョン。

ホワイトのテープがふわりと浮き上がる立体感を感じられます。

グリーンのカラーがはっきりとしているので、
ベージュやワインレッドのパンツなどと合わせるのがお薦め。

ベージュのパンツでは落ち着いた印象に、
ワインレッドのパンツではアイテムのカラーが
際立ちながらもどこか大人らしい印象に。


















グレーのボディに光沢と深みのあるレッドのテープが施されており、
ラフ感に加えて、上品な印象を感じさせます。

ラフさを強調したいときは、
明るめのネイビーやチャコールグレーのパンツが◎

上品さを活かしたいときは、
ブラックなどの暗い色味のストレートパンツが◎


上品なレッドが目を惹くアイテムなので、合わせるパンツは
抑えめのカラー、ストレートからワイドシルエットのものがお薦めです。















グレーのボディにブラックのテープが施された
モード、ストリートの雰囲気を醸し出す1着です。

カットオフによって見え隠れする裏の明るいグレーと
3色のグラデーションを楽しむことができます。


ゆったりとしたシルエットによって生まれる
カーブしたように見えるテープがラフな印象を強めているので、
デニムやジャージなどのリラックスしたパンツとの相性が抜群です。

















オールシーズン着用しやすいスウェット4種、いかがでしたでしょうか。



少しでも参考になれば、幸いです。







2018SSアイテムの予約がオンラインショップに続々と挙がっております。



お手隙の時にご覧いただければと思います。


















それでは、おやすみなさい。

















OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/12:00~22:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】
BISHOOL