LOGO

HOME   ABOUT   ONLINESHOP   BLOG   MAIL   SNAP

2017年4月21日金曜日

BUYER'S PICK UP!vol.6(Edwina Horl/denim jacket)






こんにちは。



OVIE STUDIO代表の吉田です。



本日のブログは[BUYER'S PICK UP!!]



OVIE STUDIOのバイヤーを務める僕が
「展示会時(入荷約半年前)から入荷が楽しみでしかたなかったアイテム」
を紹介するブログです。



今回でvol.6


過去のブログはこちら。

BUYER'S PICK UP! vol.1 (YANTOR/Turtle neck knit)


BUYER'S PICK UP! vol.2 (house of the very island's/Virgin wool)







過去に紹介したアイテムは全て完売してしまっておりますが、お時間御座いましたら御一読ください。







早速、紹介させていただきます。





Edwina Horl 
¥53,000+tax
size:S/M



2016SSシーズンに初めて展開され、瞬く間に完売となったデニムジャケットの新作です。


Edwina Horlがデニム生地を使用すること自体が新鮮。


 特にここまでデニムらしいデニム生地はほとんど使用してきませんでした。


「Edwina Hoerlがデニムジャケットをデザインしたらこうなるのか」


と思わせる逸品です。


「ただ単に大きいサイズのGジャンを着てるのとは異なる」


デザイナーズ故の拘りのパターンによって仕上げられています。




身幅や肩幅、袖丈、着丈のバランス。

デニムという比較的硬めの生地を使用しているのにも関わらず、

着る人の身体に沿うシルエットが最大の魅力です。





オーバーサイジングにも関わらず、まとまった印象を受けます。


ゆったりシルエットを得意とするEdwina Hoerlならでは。


古着でXXLサイズを選ぶのとはわけが違う、服に詳しくない方が見ても「何かが違う」と感じて頂けるかと思います。






2017SSver.の特徴はフロントに施された大胆なプリント。

ペンキとラバーを混ぜた染料から生じるツヤが雰囲気◎







man
165cm
size:S



小柄な男性はsize:Sでゆったりと着用可能。

着丈は程良いながさでありながら、がっつりワイド×ロングなアーム。

絶妙なバランスです。





セットアップになるワイドパンツも展開されています。

迫力のあるセットアップ。






woman
172cm
size:M


女性にもオススメです。

Edwina HorlデザイナーのEdwina Hoerl自身が女性なためほとんどの衣服がユニセックス。

ワンピースやスカートは女性onlyなことが多いですが、男性が着用可能な型のほとんどがユニセックスアイテムです。





背中を落としてラフに着用するスタイルもハマります。









インナーにはtheSakakiのサマーニットを。

blue×whiteの組み合わせが春らしいカラーリング。











man
174cm
size:M

170cmを超える男性でオーバーサイズを好まれる方にはsize:Mをオススメしています。

程よいゆったり感で、という方にはsize:Sを。




インナーはESSAYのビッグポロを。

このスタイルのインナーに映えるワイドなボーダー。

ESSAYデザイナーの2方共がEdwina Horlと関連がある故なのか、

Edwina Horl×ESSAYのスタイルはフィットしやすい。


打ち出すスタイルや、シルエット、採用する生地の雰囲気は全くと言っていいほど異なる2ブランド。
Edwina Horlでマルチボーダーを見たことありませんしね。。

だからこそなのか、足りないものを補い合うようなカタチで綺麗にまとまります。












man
173cm
size:M



こちらでもインナーにESSAYを。



ボタンを一つ閉めて、少し背中を落として着用した時の「襟」「裾」の出方が抜群です。

是非、Edwina Horl×ESSAYのスタイルに挑戦してみてください。












 最後に、Edwina Horl 2017SS LOOK


左のスタイルでデニムビッグジャケットが使用されています。

膝上丈のボトムスに、ビッグサイズのジャケット。

女性にオススメのスタイルです。








Edwina Horlブランドアトリエ分の在庫はS/M共にSOLD OUTとなっております。

もし、一目惚れの方みえましたらお早めにどうぞ。









おやすみなさい。














OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】


















2017年4月13日木曜日

出張日記vol.13/2017-18AW(FFIXXED STUDIOS/house of the very island's/MARIA JOBSE)









こんにちは。




本日は約1年ぶりの出張日記。



今の時期は春夏物真っ只中ですが、半年先のことをなんとなく考えながら読み流して頂けたらと思います。


一部2017SSアイテムの紹介も交えながら書いていきます。












2016AWシーズンにパリコレクションデビューしたFFIXXED。

パリコレクションで新作を発表するブランドはもの凄く早い時期に展示会を開きます。


FFIXXEDは確か2月頃。


日本だと一番寒い時期です。


お店を始めた当初は「もう秋冬の展示会か、早いなあ」と思っていましたが、最近は「1月も終わるし、もうそろそろかなあ」という感覚になってきました。






FFIXXED STUDIOS 2017-18AWのイチオシはこちら。


ゴブラン織りシリーズの新作です。

初のボンバージャケットでの展開。

LOOKでもこれでもかと言う程に着用されています。








OVIE STUDIOでは2016SSから毎シーズンこちらのゴブラン織りのシリーズを入荷しています。

決して安価なものでは御座いませんが、求めている方にお届けすることが出来れば。







¥78,000+tax
size:S/M


2017SS(今シーズン)で展開されたものも入荷済み。

恐らく国内には10点前後しか届いていないかと思います。




man
173cm
size:M

woman
168cm
size:M


男女ともにオススメの逸品です。






 FFIXXED STUDIOS 2017AWではこちらのニットもセレクトしています。



表裏を逆にすることで、通常なら裏にくるディテールを表に持ってきているニット。
袖にきているkhakiが本来なら表。






そのためリバーシブルでも着用いただけます。
タグが目立ちますが縫製的にはこちらの方が一般的なためあまり違和感を感じません。


ちょっとした遊び心。


お色違いのblackも入荷致します。

























house of the very island'sでは「AUBURN」というカラーが一際目立っていました。


「赤褐色」です。

正に秋といったお色味で惹かれています。



「AUBURN」からはプルオーバーとパンツが届く予定です。



プルオーバーは新型、パンツは定番のタックトラウザーでの展開です。


house of the very island'sの定番ルーズカットタックトラウザーは2016AWでは即完売してしまった名作。


2017SSではウールリネンで制作されたものが入荷しています。

¥32,000+tax
size:S/M








house of the very island'sは未だ取り扱いの少ないブランドではありますが、確かな実力を持っています。

バイヤーを務める僕個人としては毎シーズン期待しているブランド。
















昨年の秋冬から取り扱いが始まったMARIA JOBSE

展示会で目を引かれたのはBIG SHOPPERの新色。



レザーらしいカラーです。

BIG SHOPPERはMARIA JOBSEの取り扱いを決めるきっかけとなった愛着のあるアイテム。
そのお話はこちらのブログで。↓



愛着のあるアイテムの新色。

テンションあがりました。

もちろんオーダーしておりますので9-10月頃にご覧頂けます。







2017SS(今シーズン)ではblackとgrayが入荷しています。





black/gray
¥36,000+tax


このサイズのレザーバッグは類を見ないものかと思います。

これだけの大きさなので収容量的な魅力はもちろんですが、何より可愛い。

そして、MARIA JOBSEというレザーブランドが作るためハイクオリティ。

blackは定番で展開されています。






こちらは2017SSカラーのgray。


天然の皮革でかつ豚皮を使用、カラーも薄いグレーのためよく見ると皮本来の傷が少々感じられます。


入荷後の検品時に少々その傷が気になりましたので、ブランド側に確認のため一度送り直しました。


本日、お話をしたところ天然の皮の風合いを保つために補修はかけられないとのことでした。


このサイズの天然皮ですから、ところどころの小傷が生じるのは当然だろうな、と納得しましたので明日送り直して頂くことになりました。


こちらのgrayカラーは国内に1点限りの入荷となりますので交換不可。


オンラインショップでは本日よりご注文可能ですが、是非店頭で実物に納得頂いてからご購入頂くのが宜しいかと思います。





この写真で女性が持っているのはMARIA JOBSEデザイナーが5年間私物として愛用したもの。

写真からも伝わる経年変化。


新品の角が張ったピカピカのレザーよりもこちらの方に僕は魅力を感じました。


がっつり使用すればするほど色気が出るレザーバッグです。





2017AWシーズンには新しい型のバッグも入荷致します。


長めのレザーストラップにこぶりなバッグ。

女性らしいデザインで、展示会に同行したOVIE STUDIO女性スタッフ小崎イチオシの一点です。







yellowなんていう一風変わったカラーもセレクトしています。







black/navyというシックなカラーももちろん入荷予定です。


楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。












本日はFFIXXED STUDIOS/house of the very island's/MARIA JOBSEの紹介で一度区切らせて頂きます。



Edwina Horl/ETHOSENS/My Beautiful Landlet/KAIKI/sneeuw/YANTOR
も既に展示会には伺っておりますので近々ブログにて紹介させて頂きます。


AUTTAA/theSakaki/crepuscule/ESSAYの展示会はこれからですので5月頃のブログで。










おやすみなさい。














OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】



























2017年4月10日月曜日

theSakaki 居間着 甲








theSakakiから居間着が入荷しました。


「居間(部屋/家)で着る」=「Room Wear」


家で着るものは間違いなく「楽」でなければならない。


theSakakiが作るルームウェアです。


「居間着」という名称自体は毎シーズン使われておりますが、その中身は異なります。


2017SSシーズンは居間着としてニットが展開されました。












シンプルながらこちらのニットには多くの特徴があります。



一番の特徴は「ホールガーメント」という革新的な制作手法。


ホールガーメントというのは無縫製で立体的に編むことが可能な編機を指します。




前身頃、後ろ身頃、袖、襟のパーツを縫製するのが一般的なニットです。



その基本を根底から覆すような手法がホールガーメント。



そのメリットはいくつもありますが、theSakakiらしいポイントが2つ。



「縫い目が無いためごわつき感やチクチクする不快感が無い」
「必要な分量の糸のみで一着をまるごと編み上げているため、資源を無駄にしない」




着心地が良いということと、エコロジー商品であるということ。




「居間着」として着心地を追求する。



theSakakiデザイナー榊氏の拘りを感じます。




近年はモノづくりをする上で「エコ」が重要視されています。




theSakaki定番の名作であるtheBangでも「生地耳」を使用することで生地のロスを減らしています。


theBang by theSakakiについてのブログはこちら↓





「ホールガーメント」という手法を選択することで、居間着として、単なるモノづくりとしてより良いアイテムに仕上がっています。














2つ目の特徴はこちらのワッペン。


theSakakiの「the」ロゴをワンポイントで施しています。


ボディの色によってロゴカラーを変えています。





裾にひっそりとある刺繍ワッペン。
真面目な生産背景にちょっとした遊び心を足すような感覚です。










コットン100%の素材も扱いやすく、魅力の1つ。












180cm/size:M

最後の特徴はサイズ感。



theSakakiらしいゆったりとしたデザインです。






カラーはwhite/black/green/purpleの4色展開。



どれもオススメですが、個人的にはインナーとしてpurpleを選んでみたり、






意外と着やすい落ち着いた色味のgreenを春に一枚で着用、といったテンション。


173cm/size:M




もちろん万能なblackもオススメです◎

172cm/size:M



whiteはデニムに合わせるスタイルで。

サイズ感もオーバー×オーバーで。




男女ともにゆったりと着用してくださいませ。



168cm/size:M















おやすみなさい。














OVIE STUDIO(オヴィエスタジオ)

住所/名古屋市中区大須2-15-42竹内ビル3F
営業時間/13:00~20:00
定休日/水曜定休


銀行振込/代引き/クレジットカード/分割・リボ払い選択可







【取り扱いブランド】